高橋矯正歯科 クリニック
歯並び治療の
専門医院です
Orthodontics
Exclusively


成人矯正治療の一例

高橋矯正歯科クリニック(東京・世田谷)

治療例8の初診時から終了時までの経過をご覧下さい。
・成人の歯列矯正治療例です。
・この症例は「開咬」と「上下顎前突」の状態なので、少し手順が複雑です。
・上下左右の第1小臼歯を抜歯することによりガタガタの状態を治すとともに、前歯を後退させることにより口元の形を修正しています。
・歯を抜くか抜かないかは、ガタガタの度合い、歯の出ぐあい、あごの骨の形、奥歯の咬み合わせの状態などとともに、ご希望の治療目標を総合的に判断して決定します。
・それぞれの歯並びに応じた治療計画は、歯形やX線写真などから得られる客観的データに基づき、治療をお受けになる患者さんご本人と保護者の方との話し合いにより決定します。


初診時の状態です。
前歯がかみ合わず、歯並びがガタガタしています。



上の歯に装置(ブラケット)をつけ、歯並びを少し整えます。


下の第1小臼歯(4番目の歯)を抜き、下の奥歯の位置を調整します。


下の犬歯を歯を抜いた部分に移動させます。

犬歯が後ろに移動するにしたがって、歯を抜いたスペースが小さくなり、ガタガタしていた前歯の間に隙間ができます。


下の前歯が並ぶ隙間ができたら、下の前歯を並べます。


下の前歯のガタガタが治ったら、下の前歯を後ろに向かって移動します。


下の前歯を後ろに動かし終わったら、上の第1小臼歯(4番目の歯)を抜きます。


上の前歯を後上方に移動します。


空隙を最終閉鎖すればいよいよ完成です。



ブラケットは歯面に接着してあるだけですので、専用の器具で簡単にはずせます。治療終了後は後戻りしないようにリテーナーを使用します。年に1度くらいの定期検査を続け、歯石や歯の着色をとったり、虫歯ができていないかチェックします。この方は治療終了後15年以上経過していますが、歯並びは極めて安定しています。



治療前後の比較です。

無理やり閉じていた唇が自然に閉じられるようになりました。

前歯がしっかりとかみ合いました。

ガタガタがなくなり、抜歯した隙間は完全に閉じています。

戻る
<症例の掲載について>
  ・院長による症例をご本人様の承諾を得て掲載しています。
  ・診断用の写真を承諾を得ることなしに公開することは絶対にありません。
  ・当院のモデルとしてご協力を賜りましたことを心より感謝いたします。
  ・著作権所有:高橋矯正歯科クリニック(世田谷区)/禁無断転載




〒157-0072 東京都世田谷区祖師谷3-32-5石田ビル3F
E-mail : takahashikyousei@gmail.com
TEL:03-5429-0206
高橋矯正歯科クリニック(東京・世田谷)
(小田急線祖師ケ谷大蔵駅徒歩1分)




著作権所有:高橋矯正歯科クリニック(世田谷区)